[プロフィール]

向田直幹(Naoki Mukoda)

1936年 鹿児島県に生まれる。
1955年 県立福岡高等学校卒業。
1961年 慶応義塾大学文学部卒業。
1962年 フリーの写真家となる。
1963年 渡仏、以後今日に至るまで世界各国を旅し、取材活動に従事する。
作品の多くは、親しみやすいポエティックな風情をその奥にたたえながら、
各国の市民感情に通じた文明批評的な色彩が特徴的である。




(著 書)  ※お問合せはこちらまで

1979年
12月 「ヨーロッパの看板」(美術出版社)

1981年
3月 「アメリカの看板」(美術出版社)
6月 日本サイン・デザイン協会特別賞受賞
12月 「ヨーロッパの窓」(小学館)

1982年
5月 「モンマルトル・モンパルナス」(講談社文庫) 世界の街灯、看板、ポスト、イスなど街のアイテム「ストリート・ファニチュア」集。
6月 「ヨーロッパの看板Part2」(美術出版社)

1983年
3月「ヨーロッパの時計台」(美術出版社)
7月 「アメリカの窓」(小学館)

1984年
3月 「ヨーロッパのかたち」(美術出版社)
12月 「アメリカの看板Part2」(美術出版社)

1985年
5月 「世界のコースター」(講談社) 世界のビールコースターの写真集。
8月 「世界の風見」(美術出版社)
10月 「ヨーロッパの扉」(小学館)

1986年
3月 「ヨーロッパの美術館」(美術出版社・共著)
フランスのルーヴル美術館、オランダのゴッホ美術館、ソビエトのエルミタージュ美術館など、ヨーロッパ90館近くの美術館を、
歴史的な背景や特色を折りまぜながらカラー写真で紹介。開休館案内や交通方法などの情報も収録。
5月 「芸術家の墓」(美術出版社)

1987年
4月 「看板図鑑」(美術出版社)
今日では看板は、広告的要素と装飾的要素とをもりこんだものになっている。名もない看板屋の職人が、依頼主の要求をみたすべく
努力工夫して作った,1枚の看板の背後にかくされた世界を想像し、看板のもつ魅力にひかれ、写真集を上梓する。
11月 「エンブレム」(美術出版社)
ヨーロッパの街々で、目についたエンブレムを旅の想い出のひとつとして買い求め、1,000点近くにもなった。
そのなかから約500点をセレクトして、ここに出版することになった。イギリス軍関係のグループ、大学の紋章であるエニバーシティ・エンブレム、
スポーツをモチーフにしたスポーツ・エンブレム、ア メリカの軍や警察の制服のエンブレム、国や州や町など地名をあしらったエンブレム、
モチーフ別のエンブレム、最近特に流行の著しいブランド名やショップ名 のエンブレム、そして最後にプライベート・エンブレムなどを集めた
エンブレムのバリエーションと、八つのグループに分けて編集した。

1988年
12月 「世界のビアコースター」(美術出版社)
コースターは本来、ビールやグラスやジョッキの下に敷く円形や方形のプレートのことを意味する。
グラスが冷やしてあるので、水滴がついて、テーブルやテー ブルクロスが汚れるのを防ぐためである。
私が集めているものは、宣伝のために社名や製品名を印刷したいわゆるサービスのためのコースターで、 ビールのメー カーから
ビアホールやバーといったビールを飲ませるところに提供される。ドイツは特に盛んで、ビールの醸造元がおよそ2,000社余りあり、
ほとんどの会社がそれぞれデザインを凝らしたビールのコースターをつくっている。
ともあれ、デザインの原点が凝縮された空間である、ビールのコースターの魅力を楽しん で下さい。

1989年
9月 「スケッチ・オブ・ザ・シルクロード」(美術出版社)
本書は、著者が日本から上海に車を運び込み、約2カ月をついやして、上海・喀什間を往復し、その間に目にふれたモチーフを撮って
作ったものである。

1990年
6月 「ストリート・ファニチュア」(美術出版社)
世界の街灯、看板、ポスト、イスなど街のアイテム「ストリート・ファニチュア」集。
12月 「ゴッホ巡礼」(新潮社・トンボの本)
ゴッホが死んだオーヴェールの宿の真ん前には、彼が描いたことで有名になった町役場が往時そのままの姿でたっている。
そしてズンデルトの生家の真の前にも 同じような町役場…数奇な運命のもと、炎のような熱情をもって生き、強烈な表現力で
多くの作品を生み出したゴッホ。ピストル“自殺”から百年、画家ゆかり の地を巡りながら、その生涯と作品をふりかえる。

1992年
3月 「世界橋物語」(美術出版社)
橋のある景観は、人間の作った眺めとしては最高のものであると思う。大都会のそれはダイナミックで心を打つし、自然の中の橋の
たたずまいは、心がなごむ。-という著者が、1991年の夏、同一時期、同一視点で撮り下ろした、世界の橋写真集。

1993年
4月 「ジャジカル・ムーズ」(美術出版社)
モダンジャズレコードのジャケットをフルカラーで多数掲載。アートとして楽しむばかりでな 
く、写真、デザイン、ファッションなど多くのことを学べる。

1995年
9月 「ヨーロッパの街並と屋根」(クレオ)
ヨーロッパの塔に登ってみると、眼下に赤い瓦の大波小波がゆれている。
屋根のある家は家族の象徴であり、建築の原点は屋根にある。ヨーロッパ各地の古い街並と屋根を見て、想像の旅を楽しんで下さい。
10月 「ヨーロッパの墓地巡礼/芸術家100人の墓」(冬青社)
大学卒業後パリに渡り、モンパルナスの墓地でボードレールの墓を見たのが初めて。
こうしてパリでの墓地巡礼が始まった。以来32年、外国で暇があると墓地を訪ね、芸術家の墓の写真を撮り、記録してきた。

1999年
6月 「ヨーロッパの街並と看板」(クレオ)
ヨーロッパを旅し続ける著者が、異国の街並で目印にした数々の看板。歴史の流れの中で種々の変化を遂げながら、
先人達の感性を今も残す看板の魅力を、国別に紹介した写真集。