[プロフィール]

上野 旬也(うえの しゅんや)

1948年12月18日生
本 名:上野 哲雄
出 身:神奈川県横浜市
血液型:A型
身長:172cm
趣味:車

1975年、男性デュオの先駆けサウンド・スペースのボーカル兼ピアノとしてデビュー。
日本で初めて、シンセサイザーを使用したレコーディングで話題を呼ぶ。編曲は佐藤允彦が手掛けた。

当初は上野 哲の芸名で活躍。その後NHK教育『うたって・ゴー』のピアノのお兄さんを経て、1978年、黒沢明とロス・プリモスへ加入、ロス・プリモスではサイドボーカル兼キーボード、サウンドアドバイザーとして森聖二の右腕になり31年間活動し支えてきた。

2008年自身が還暦となる年に、清里卓矢でソロデビューし、作品を残している。
2009年10月18日リーダーでメインボーカルの森聖二が心筋梗塞で亡くなり、その後半年間2代目メインボーカルとして、残されたスケジュールを全てこなし、仕事に穴を開けることなく勤め上げたが、2010年5月13日の北海道公演を最後に、音楽性・方向性の違いからロス・プリモスを脱退。
2010年6月から、森聖二の恩師でもある中川博之氏と共に、ムード歌謡界の発展と育成の為に活動。
2012年3月、青山ひかるとの男性デュオで「東京の夜はムーチョ」(作曲:中川博之/作詞:高畠じゅん子)を発売。
2013年5月、元ロス・プリモス2代目ボーカリスト上野旬也として、ソロ活動を開始。自身では、ラテンにも力を入れておりルイ・スミゲルのカバー「ある恋の物語」を得意とし、ロス・プリモスファンだけではなく、幅広い層の方々に愛されている。又、作曲家としての顔も持ち、ロス・プリモスを始め、瀬川瑛子・真咲よう子…etc.に楽曲を提供している。近年は、叙情溢れる市町村の歌も残している。

 


マキシシングル  FBCM-170 2013/12/25 1,145円+税
上野旬也/涙を残して

[収録曲]

『涙を残して』
作詞:志賀大介/ 作曲:鶴岡雅義/ 編曲:庄司龍
〈オリジナル・カラオケ付〉

『愛の旅立ち』
作詞:志賀大介/ 作曲:鶴岡雅義/ 編曲:庄司龍
〈オリジナル・カラオケ付〉